水筒をリリースしている人気メーカー一覧

水筒をリリースしている人気メーカー一覧

水筒はさまざまなメーカーからリリースされています。特に魔法瓶、ボトル、アウトドア、生活雑貨、クーラーボックス、スポーツなどの関連メーカーがリリースしており、ここではそれらの中から人気の主要なメーカーを紹介しています。

魔法瓶などの大手メーカー

Thermos

サーモスの水筒
shopthermos.jp

ステンレス魔法瓶を開発した日本酵素は、1904年に世界各地に展開されていたドイツの魔法瓶ブランド「テルモス(THERMOS)」を買収し、世界的なブランドであったサーモスの名前を使用するようになりました。
魔法瓶のパイオニアとして、優れた断熱技術を活かした水筒・タンブラーをはじめ、あらゆる保冷保温に強いアイテムをリリースされています。

公式:サーモス 魔法びんのパイオニア

関連:
サーモスのパッキンのないシームレスせん水筒「JOQ」をレビュー
サーモスのコップ付き500ml水筒FFM-501を使ってた感想。良い点、悪い点など

象印

象印のステンレスマグ『TUFF』
zojirushi.co.jp

1918年にガラスマホービンの中ビン製造からスタートした象印、ガラスマホービン製造を経て1981年にステンレスマホービンを完成させさせました。炊飯器ジャーやポットでは占有率1位と高いシェアをほこり、保温保冷技術をいかし、日本だけでなく海外においてもアジアを中心にグループ会社を通じて事業活動する日本を代表する魔法瓶メーカーです。
開発したパッキンと栓が一つになったシームレスせんは、大変便利で、象印の水筒の大きな特徴となっています。

公式:象印マホービン|きょうを、だいじに。

関連:
シームレスせん水筒とは?おすすめや各メーカーの違いなど。
象印のキャリータンブラーを使ってみた感想。漏れは?洗いやすさは?

タイガー

タイガーの水筒 600ml サハラ
amazon.co.jp

電熱や真空断熱技術をいかし、ステンレスボトルをはじめ家庭用機器を日本だけでなく海外にも広く展開しているタイガー。内部の撥水性を高めるための、多くのメーカーで採用されているフッ素コートは、環境問題から使わないといったこだわりがあります。
マグ・2way・コップ付き・ダイレクト・炭酸対応などの様々なタイプの水筒があり、誰からも受け入れやすいクラシックなデザインも人気です。

公式:【公式】タイガー魔法瓶の炊飯器 – おいしいも便利も両方叶える

ピーコック

タイガーや象印ほど大企業ではないですが、ピーコックも日本の魔法瓶メーカーで、昭和25年創業と歴史もあり、家庭用電熱機や魔法瓶を使ったボトルやタンブラーなどを製造販売されています。

オルゴ

オルゴのどんぐり水筒

1913年に魔法瓶メーカーとして大阪信濃橋にて創業した、日本では最も古い魔法瓶の歴史を持つ老舗メーカーのオルゴ。ステンレスボトルや魔法瓶の事業をメインに、近年は電気製品やレジャー用品、理美容用品などの事業を展開しています。
水筒は大変多くのシリーズを持ち、ラタンボトルやスパイルボトルなどの一目見たら忘れられないデザインが特徴的で、どんぐりなどのユニークな製品も人気です。

公式:製品ラインナップ | 電気ポット・まほうびん オルゴ株式会社

helios

ヘリオスの魔法瓶

ヘリオスは1909年にドイツで生まれた魔法瓶メーカーです。高い保温性はもちろん、鮮やかなカラーリングの大人から子供まで親しめるデザイン性を持ち、また、ヒルトンホテルやシェラトンホテルなどの魔法瓶はヘリオス製が使われるなど高い信頼度をほこります。

環境を考えた製品作りを行うボトルメーカー

STANLEY

スタンレーのアイスフローフリップ
jp.stanley1913.com

孫の世代まで使えると言われている頑強な水筒をリリースしている事で知られる、1919年にアメリカでスタートした老舗ブランドスタンレー。ステンレスと真空を使った技術のパイオニアで、ボトルの他にも宇宙探査機や深海調査のなどにも採用されてきた歴史があり、信頼感も高いです。GO、クラシック、マスター、マウンテンなどの多くのシリーズがあります。

公式:STANLEY オフィシャルオンラインストア

swell

swellのチークウッドボトル
amazon.co.jp

環境破壊に影響を及ぼすプラスチックの量を減らすため、2010年にニューヨークで創業されました。スタイリッシュなデザインで海外のセレブも愛用され、水筒を携帯することに恥ずかしいと抵抗がある人にも受け入れられるおしゃれな水筒だと思います。

mosh

モッシュのスクリューマグボトル
amazon.co.jp

「ボトルに驚きを」をコンセプトに、懐かしさのある水筒をリリースしています。ひと味違う形をテーマに作られた製品は独特で牛乳瓶のようなノスタルジックなデザインが好評、ボトルだけでなく電気ケトルやトースターなどの生活家電にも展開されています。ドウシシャのブランドです。

公式:mosh! なつかしいのに新しい。「一味違う」カタチです。

関連:ドウシシャの水筒mosh!(モッシュ)を使ってみた感想。洗いにくい?漏れる?など

hydro flask

ハイドロフラスクの水筒
amazon.co.jp

ハイドロフラスクは2009年にオレゴン州のベンドにて創業のステンレスボトルブランドです。ハワイで人気に火がつき、その後本国でも多くの人に愛されるブランドになりました。携帯しやすさと一目で分かる独特なロゴが特徴的ですが、18/8プログレードステンレス鋼の高品質な素材を使い、二重壁真空断熱技術で保温保冷に優れています。
柔らかい柔軟なハンドルは持ちやすさがあり、キャップは熱や冷気を逃がしにくい構造となっているなど、質の高さもあります。

公式:HydroFlaskオフィシャルサイト|ステンレスボトル

MiiR

MiiRの水筒
ronherman.jp

「豊かな自然が今後も続くように」とのコンセプトの元、2010年にアメリカ・シアトルで立ち上げられたボトル・タンブラーを中心に、アウトドアまで広く展開しているブランド。収益の1部を清潔な水が手に入らない地域へ届ける「Giving project」に提供している社会貢献意識の高い活動をしています。

RIVERS

水筒・タンブラーの他、コーヒーやアウトドア愛好家に向けたドリンクウェアにフォーカスした日本のボトルブランドです。プラスチックの大量廃棄問題に貢献したリユースボトルが有名ですが、ベーシックなスタイルから、使う事に心地良さを感じることができるアイテムが揃っています。

klean kanteen

klean kanteenのリフレクトボトル
wazawaza.shop-pro.jp

アメリカ・カリフォルニアにあるチコという小さな街でスタートしたボトルブランドのklean kanteen。2004年の創業当時はプラスチックの有害性が広く認知されていない中、プラスチックの製造やアルミ缶に使われた有害性物質のBPAを使わないボトルを製造し、BPAフリーの先駆けとなったブランドです。

CORKCICLE

増え続けるペットボトルのゴミを少なくしたいとの想いから、「バイバイ、プラスチック」をコンセプトとするアメリカ・フロリダ州にて創業されたボトルメーカー、ワインを適温で飲みたいとの想いからスタートされたようです。有名アーティストとのコラボも多く、スタイリッシュなボトルをリリースされています。

タケヤ

タケヤフラスクのステンレスボトル アクティブライン
amazon.co.jp

タケヤは今までになかったステンレスボトルを生み出し、アメリカでムーブメントを起こしたメーカーです。カリフォルニア州ハンティントンビーチでスタートし、2018年にはBest Water Bottleにも選出されメジャーになりました。キャリーハンドルの付いたフタが特徴的で、フィットネスに最適な最高の蓋と呼ばれています。

MOMOCONCEPT

モモコンセプトのルビナスタンブラー・マグキューブ
momoconcept.jp

「生活にワクワク感を注ぎ込む」をコンセプトに、タンブラーやマグなどをリリースしているモモコンセプト。製品はあまり多くはありませんが、日本の物づくりの心と、海外のユニークなデザインを融合したルビナスタンブラーやマグボトルキューブはとてもおしゃれ。情報は多くないのですが、注目されているブランドです。

nalgene(ナルゲン)

1949年にニューヨーク州ロチェスターにて創業し、研究向けの高品質なボトルを製造していましたが、トライタン素材を使ったボトルは耐熱性、耐久性に優れ、独自のループキャップも大変使いやすい仕様となっており、1970年代に入るとハイキングや日常生活でも使われるようになりました。
現在ではアウトドアで使われることが多く、とても多くのシリーズの水筒が人気で、プラスチックボトルを代表するメーカーとして多くの人に愛されています。

関連:ナルゲンボトルのキャップの種類やループキャップを詳しくレビュー。

Mizu

MizuのVシリーズ

Mizuはロスノーボーダーのユシ・オクサネン氏により2008年にアメリカにて創業されたステンレスボトルブランドです。他の多くのブランドと同じくプラスチック削減を目標として創業されており、よくある一つのように思えますが、社名の「Misu(みず)」は日本の水からイメージされているので、日本人として覚えやすさはありますね。デザインのよいVシリーズやSシリーズ、サンドシリーズなどを展開していますが、Vシリーズはタレントの田中みな実さんにより紹介されたことで、一時期大変人気も出たので、名前を知っている人も多いのではないかと思います。

キャンプには必需品アウトドアメーカーの水筒

ロゴス

ロゴスの氷点下シリンダー
amazon.co.jp

「水辺5メートルから標高800メートルまで」をキーワードに豊富なアウトドアギアをリリースしているロゴス。デザインがおしゃれで低価格が特徴のアイテムは、上級者よりも初心者やライトユーザーから高い支持を得ています。水筒はスリムで絶妙なサイズ感の携帯オアシスが人気です。

キャプテンスタッグ

キャプテンスタッグのHDボトル
amazon.co.jp

キャプテンスタッグはパール金属が展開するアウトドア分野のブランドです。1976年にスタートし、あまりこだわりを持ちすぎてユーザーの手の届かないことがないようにするという、使いやすさを考えながらも購入しやすさを忘れない物作りを行い人気、現在はサイクリング・カヌー・ガーデニングなどにも進出し製品を展開されています。

コロンビア

コロンビアのヴァキュームボトル
columbiasports.co.jp

コロンビアはアウトドアウェアメーカーでしたが、現在では分野を超えてスポーツウェアとして、タウンユースや日常でも着用できるファッションのメーカーとして定着しています。アウトドアギアも種類が豊富で、水筒も一目でコロンビアと分かる大きなロゴの入ったデザインが人気です。

outdoor

アメリカ・ロサンゼルスにあるスポーツ用品店だった同社は、1973年にアルトシュール兄弟によりアウトドア用品のメーカーとして展開して急成長されました。バックやリュックをメインに豊富なアウトドアグッズをラインナップされています。

スノーピーク

スノーピークのステンレス真空ボトル
ec.snowpeak.co.jp

自動車とともにキャンプを楽しむオートキャンプの先駆け、または誕生させたメーカーとして認知されるスノーピーク。金属加工で有名な新潟県の燕三条に本社を構え、高い金属加工技術を使い高品質なギアを生み出しています。ステンレスの水筒は質が高く、種類も豊富です。

チャムス

チャムスのキャンパーステンレスボトル
amazon.co.jp

ブービーバードのロゴがかわいく印象的なチャムス。アメリカ・ユタ州のリバーガイドをしていたマイクタゲット氏がサングラスを落とさないためのストラップを開発し、創業されました。「楽しさ」「高品質」「シンプル」をコンセプトにさまざまなのアウトドアギアをリリースし、多くの人気アイテムがある中、キャンプグッズとしてブービーバードが描かれた水筒も人気があります。近年ではウェアをファッションとして取り入れる方も増え、ファッションブランドとしても認知されています。

日々の生活の中で使える生活雑貨メーカー

Kinto

キントーのトラベルタンブラー
freedesign.jp

1972年に滋賀県にて創業したインテリア雑貨ブランドのキントー。使い心地と佇まいの調和を大切にした、日々の生活に寄り添えるアイテムを製造されています。中でも冷水筒やウォーターボトルは人気商品で、360度どここらでも注げる機能性に優れた製品などが揃っています。

シービージャパン

シービージャパンのカフアコーヒーボトル
rakuten.co.jp

Change(変化)とBasic(基本)から一字づつとり社名としているように、変わらない基本と日々の変化や流行に対応した物作りをしているインテリア雑貨メーカーです。
2000年創業と若い会社ながら、商品の開発力に優れており、フードマンという薄型な弁当箱が代表アイテムですが、年間400種類ものアイテムをリリースしています。中には水筒もあり、多くのデザインのものがラインナップされています。

関連:CBジャパン(シービージャパン)の水筒の口コミや評判まとめ

パール金属

パール金属は金属加工で有名なものづくりの街、燕三条付近に位置する新潟三条市に本社を構えるフライパンなどの金属製台所用品を製造販売するメーカーです。キッチン用品のパールライフ、アウトドアのキャプテンスタッグの2つのラインは有名ですね。水筒はパールライフからステンレス製の製品がリリースされています。

スケーター

スケーターは生活雑貨や食品容器のファブレスメーカーです。1950年に万年筆企業として創業し、コクヨの下請けから徐々に日用品を扱うようになりました。弁当箱や水筒をメインにし、素材にこだわらず多くの種類を扱います。特にサンリオやディズニー、ジブリなどとのコラボを行い、子供向けのキャラクターアイテムが豊富なのが特徴です。

ドウシシャ

ドウシシャの水筒
amazon.co.jp

大阪と東京に本社を構える、1974年創業のドウシシャ。卸とメーカーと両方の構造を持ち、取り扱い製品数がとても多いのが特徴的。家電メーカーのように思われますが、生活に関連した物から、ファッションまで広く展開されています。アイテムの中には水筒もあり、ドウシシャはおしゃれなデザインのものが多いですが、水筒やタンブラーもおしゃれな作りとなっています。

JosephJoseph(ジョセフジョセフ)

ジョセフジョセフの大きなループボトル

ジョセフジョセフは「日常生活を豊かにする魅力的な製品を想像する」をコンセプトとしたイギリスのホームウェアブランドです。数多くの賞を受賞しているように、デザイン性に優れたアイテムは2003年の創業よりすぐに人気となり、世界100か国に多くの製品を展開されています。
水筒もいくつかラインナップされており、デザインだけでなく安全性の高いトライタン製や、機能性も重視されたボトルをリリースされています。

保冷に強いクーラーボックスメーカー

yeti

Yetiのランブラー
amazon.co.jp

イエティは2006年にアメリカで設立されたクーラーボックスとそのアクセサリーを製造販売するメーカーです。継ぎ目がない特徴を持つボックスは耐久性、保冷力に優れ、人気となり現在ではクーラーボックスを代表するメーカーの一つに数えられています。水筒・タンブラーもリリースし、保冷力・デザイン性がよく、アウトドア愛好家やキャンパーに愛用されています。

Orca

オルカクーラーズの水筒
amazon.co.jp

2012年にアメリカ・テネシー州にて創業されたオルカ。保冷時間を10時間保つというクーラーボックスは評価が高く、イエティと並ぶ人気メーカーになっています。アメリカらしい頑強さと無骨さを備えたデザインは、男心をくすぐるかっこよさがあり、その機能性とデザインの特徴は水筒にも受け継がれています。

アルミ製ボトルメーカー

LAKEN

ラーケンのアルミ水筒クラシック
iwatani-primus.co.jp/products/laken/

堅牢なアルミ製ボトルで知られるスイスで生まれたボトルメーカーのラーケン。アルミ加工会社で働いていた創業者により1912年に設立。降水量の低いスイス南部の土地で、水を運ぶために作られた工場は、世界でも最大のアルミ工場へと成長しています。カラフルなトライタンボトルやステンレス製のボトルなどもラインナップされています。

SIGG

siggのトラベラークラシック
amazon.co.jp

創業者のファーディナンド・シグ氏により、1908年に設立されたシグは生活調理器具を製造販売していましたが、60年代よりアルミ製ボトルを手がけるメーカーとなります。高純度のアルミプレートに圧力をかけて成型するため、ボトルに継ぎ目がなく割れる心配がないのでハードに使え、アウトドア好きの間で愛用されてきました。

スポーツ関連メーカー

NIKE

NIKEのウォーターボトル
nike.com

ナイキはアメリカ・オレゴン州に本社を構え、年間の売り上げが3兆円を超えるスポーツ関連ビジネスで世界トップを走るスポーツ&フィットネスカンパニーです。日本のスポーツメーカー「オニツカタイガー」の製品に感銘を受け、アメリカでの代理店をすることでスタートし、現在では誰もが知るメーカーへと拡大しました。
水筒も多くリリースされ、もちろんスポーツやアウトドアで活躍できる仕様となっています。

adidas

adidasのプロテクターレフィル
shop.adidas.jp/products

ドイツに本社を構えるアディダスもナイキやアンダーアーマーと並ぶ、世界でも有数のスポーツカンパニーです。スニーカーからウェアまで幅広く展開し、日本代表サッカーのスポンサーとしても有名。3本線のスリーストライプラインが象徴で、水筒もこのラインが入ったタイプが人気のようです。

ミズノ

1906年創業の大阪に本社を構えるミズノは「より良いスポーツ品とスポーツの振興を通じて社会に貢献する」とのコンセプトをもつ、日本を代表するスポーツブランドです。スポーツ用品の販売だけでなく、コンセプトにもあるようにスポンサーとなり振興の面でも貢献してきた歴史を持ちます。
水筒もデザインよりも使いやすさを重視したような、クラシックなスタイルのものが多いです。

その他

ハリオ

ハリオのスティックボトル
ハリオのスティックボトル

日本で唯一耐熱性ガラス工場を持つハリオは、コーヒーや紅茶に関するのガラス器のメーカーです。特に世界のバリスタから愛用されるドリッパー「V60」が有名。耐熱性に優れスタイリッシュに作られたガラス機器は人気が高く、水筒もガラス製の他ステンレス製も好評です。

関連記事:ハリオの水筒の口コミや評価

無印

良品計画が運営する印の無い良い品こと無印良品は、1980年にスタートしファッション、雑貨、食品など幅広く取り扱い、全世界で1000以上の店舗を展開。無印なアイテムは人気のあったブランド品とは違い、ノーブランドを打ち立て大きく成功してきました。どの製品も人気ですが、水筒も無印らしいシンプルなデザインとなっています。

フランフラン

フランフランのシュシュミニボトル
francfranc.com

フランフランは家具・インテリア雑貨を販売する小売業を行い、トータルでコーディネートできるという点で他店との差別化を図り、1997年に一号店をオープンさせると、現在では国内に100以上店舗を構えるまでに拡大しています。南フランスのライフスタイルをモチーフにしたアイテムはおしゃれで、多くの人から愛されています。
水筒も種類多くリリースされていますが、特に女性好みのデザインのものが多い印象です。

ブルーノ

BRUNOのタンブラーボトル ワンタッチ
amazon.co.jp

株式会社ブルーノは、ホーロー鍋をイメージした、1~2人用のコンパクトなホットプレートが100万台を突破する大ヒットとなり、デザイン家電として人気のブランドとなりました。かわいらしくおしゃれなアイテムがラインナップされていますが、家電だけでなく、水筒やタンブラーなどにも製品は展開されています。

ikea

北欧スウェーデン発祥の家具・インテリア雑貨メーカーのイケア。郊外に大型の店舗を構えるスタイルで、ヨーロッパ・北米・アジアなどに出店し、世界最大規模を誇ります。独自のコーヒーショップのある店舗やアフターサービスなどが充実しており、北欧テイストの家具が他店より安く買えるために人気となりました。アイテムはだいたい人気がありますが、水筒もおしゃれなデザインです。

まとめ

様々な分野のメーカーからリリースされていますが、保温保冷を重視したいなら魔法瓶やクーラーボックス、携帯性ならアウトドアやスポーツとメーカーで選ぶのもよいかもしれませんね。
とくにおすすめのメーカーではやはり人気の高いサーモス。保冷保温力だけではなく、持ち運びのしやすさを考えた軽量でスリムな形状、使いやすさを考えた持ちやすさや蓋の回転数など、優れた部分が多い水筒をリリースされています。
また、タイガーは環境に悪影響のあるフッ素コートを使わずに、独自のコーティングや、パッキンと栓が一体となったシームレスせんを開発するなど、他のメーカーには特徴があります。

以上です。参考にしていただけたら幸いです。

水筒カテゴリの最新記事