おすすめのメモリ付き水筒をサイズ別に12選。500ml,1Lなど。

             
  • 2022.07.23 / 更新:2024.01.19
  • 水筒
おすすめのメモリ付き水筒をサイズ別に12選。500ml,1Lなど。

目的の量の飲料をしっかりと入れることができる目盛りが付いたボトルは、大変便利な水筒で、粉末からドリンクを作る時や、薬を飲む時などに最適です。ボトルやメモリのデザインなどもさまざまあり、どれにすればよいのか迷うこともあるのではないでしょうか?ここではデザインにも優れたおすすめの目盛付き水筒を、サイズに分けて紹介していきたいと思います。

メモリの種類

ボトルにプリントされたメモリといえば飲料を図るものが一般的ですが、ほかの用途のメモリもあるので、まずはメモリの種類を見ていきたいと思います。

タイムマーカーの付いた4つの水筒

飲料の量(ml)を図る目盛りが描かれたものが多いですが、その他にもお米用の何合かを図れるメモリや、一定時間経過したらどれだけ飲むかの目安になる目印がついた、タイマーマーカーメモリが付いたボトルもあったりします。
タイムマーカーは美容や健康のためにたくさんの水を飲もうと決めた人用に、1時間毎にどれだけの量を飲めばよいかの目盛りが付いているので、モチベーションを保てると人気がありますし、お米を測れるメモリ付きでは2通りの使い方でき便利です。
飲料のml、お米の合、タイマーと3種類のメモリの中から自分にマッチしたものを選びましょう。

メモリ付き水筒の選び方やメリット

メモリ付き水筒ではどういった所を考えて選ぶのか。ここでは見やすさ、デザイン、容量や重さ、使うシーンについてみていきたいと思います。

1,見やすいものを

まずはメモリがついているので正確な容量の飲料をつくることができるメリットがあります。例えばプロテインなどを牛乳や水と混ぜて作る時や、市販の粉からスポーツドリンクを作る際にもmlが分かると正確な量をつくることができて便利ですね。
ただメモリの描き方も製品によって違うので、そのために正確な量を図らなければならない場合は自分の見やすいものかを確認して選びたいです。

2,デザインがおしゃれ

目盛のアップ

目盛り付き水筒は、当然透明で内部の飲料が見えるクリアタイプのボトルになっていますが、クリアボトルはレモン水を入れた画像などが、SNSなどで映るのでよく見かけたりします。良いデザインのメモリが描かれたものならば、よりおしゃれに見え、見映えの良い画像などを取りたいならばメモリもおしゃれな製品を選びたいです。

3,キャンプやアウトドアに

メモリ付き水筒は内部が見えるプラスチックのクリアボトルとなり、ステンレス水筒のような保冷保温機能はないですが、軽量でスポーツドリンクも入れることができるので、トレッキングやキャンプなどのアウトドアに向いたボトルではあります。
飲料だけではなく、乾物などを入れて持ち運ぶのにも適しており、アウトドア向けにカスタマイズされたものも多いです。

4,容量や重さ

自分の目的とした容量が入れれるメモリ付きですと、大きなサイズを選んでしまいがちです。容量が多くなればそれだけサイズが大きくなり、クリアボトルといえども重くなりますし、何より持ち運ぶ際はバッグの中で邪魔になりやすいので、無駄に大きなものを選ばずに目的に合った容量を選ぶのがよいですね。

デメリット

デメリットとしては、内部の飲料が分かる透明な素材のボトルにしかメモリが活きないといった点です。そういった素材はプラスチックやガラスになりますが、プラスチックやガラスの水筒にはステンレスの保冷・保温力がありません。メモリの便利さは高いのですが、冷たい飲料を飲みたい場合は使いにくくなります。
特に夏場は水筒に入った飲料も温くなりやすく、飲料によっては腐りやすくなりますのでそういった面は気を付ける必要があります。

ここからは500ml,1リットル,2リットルと人気のサイズに分けて、実際におすすめの目盛付き水筒を紹介していきます。

使い勝手の良い「500ml」

メモリの付いた水筒は多くはありませんが、その中でも500mlはナルゲンやリバーズなどの人気ボトルブランドのものがラインナップされています。

nalgene(ナルゲン) カラーボトル 広口0.5L

ナルゲンはアメリカ・ニューヨークに拠点を置くボトルメーカーです。研究者向けにボトルを開発しましたが、100℃~-20℃までの耐性があり、臭いがうつらないなどの高品質なボトルであったため、研究だけでなく、徐々に一般的に使われるメジャーなボトルとなりました。
様々なバリエーションのあるナルゲンボトルですが、セレクトしたのは最も人気のある500mlのオーソドックスタイプ。飲料だけでなく、コーヒー豆など乾物もいれて使いこなしたいアイテムです。

メモリもmlとozの2通りあり、しっかりと長い線が引かれているので測りやすいです。

関連:ナルゲンボトルのキャップの種類やループキャップを詳しくレビュー

容量・350ml / 500ml / 1L

パール金属 木目調メモリ付きボトル ブロックスタイル

パール金属のブロックスタイル

蓋と底に木目彫の素材を使い、クリアボトルとマッチしたおしゃれなパール金属の製品。ボディは湾曲していて持ちやすく、積み重ねもできる形状に作られています。庫内でスタッキングし、スペースを無駄なく使えるのは良いですね。
蓋もスクリュー式ではなく、ゴムで押し込むタイプなので回す手間がないなどの特徴もあります。

パール金属ブロックスタイルのメモリ部分
メモリ部分

線が鋭くなく丸いので、少しアバウトになるかもしれませんね。

容量・500ml/700ml/1L

RIVERS(リバーズ)のループエア

蓋とボトルをループハンドルで結んだリバーズのループエア。ボトルを軽やかに持ち運ぶことを考えてデザインされた水筒です。ループを指にかけて持ち運ぶのはもちろん、バッグのカラビナなどに装着して持ち運ぶこともできるので便利ですし、飲み口は加えて飲めるほどの細口となり、動きながらでも使えるので、アウトドアにも向いているようです。

容量:500ml / 850ml

ザバス プロテインシェイカー

厳密には水筒ではないのですが、ザバスのプロテインシェイカーは目盛付きの優れたボトルです。プロテインを作るために設計をされており、プロテインと飲料を混ぜてシェイクすることを前提とされていますので、持ちやすく漏れないといった特徴があります。また、プロテインは腐りやすい飲料なので、手を入れて洗えるように設計されていますが、これらは水筒の機能としてはかなり大事な部分になり、水筒として優れた特徴を持つことになります。
もちろん何mlのプロテインを作るといったことができるようにメモリ付きです。

メモリはプリントではなくエンボス加工されています。色の付いた飲料を入れるには問題ないと思いますが、それでも少し見にくいかもしれません

関連:ザバスのプロテインシェイカーは漏れる?500mlとコンパクトタイプ350mlの比較など

容量:350ml / 500ml

1L

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) スポーツボトル

キャプテンスタッグのライス目盛付きボトル

飲料用だけでなく、お米の合が測れるメモリも描かれた便利なキャプテンスタッグのボトル。キャプテンスタッグはパール金属のアウトドア部門として1976年に立ち上げられた老舗ブランドで、現在はサイクリングやカヌーの用品もてがけるようになりました。
こちらのボトルはカラーバリエーションも豊富安く人気のスポーツボトル。アウトドアブランドの製品らしく、キャンプシーンで使いやすそうなボトルになっています。

容量:500ml/550ml/650ml/1L

RIVERS(リバーズ)のスタウトエア

川の水をスタウトエアに入れている

ドリンクウェアにフォーカスした日本のボトルブランドのRivers。コーヒー関連やアウトドアに適した水筒など多くをリリースされている中、こちらは代表するリユースボトルの後継として、さらにアウトドアに適したスタイルにバージョンアップされたスタウトエア。
熱湯やアルコールにも耐え、落下などの衝撃や傷などにも強く、リバーズの中でも人気の水筒です。

容量:550ml / 1L

シービージャパンのスポーツボトル オーシャンビバレッジ

santecoオーシャンビレッジ
画像は710mlバージョン

雑貨から家電やペット用品など年間400点ものあらゆるアイテムを扱う生活用品メーカーのCBジャパン。一つ一つデザインがよく、こだわりが感じられる製品が多く、こちらのボトルも目盛り付きの他、ハンドル付きの蓋で開けやすくカラビナに取り付けられたりと便利。軽さと強度があり人体に優しいトライタンボトル採用など、しっかりとした品質の製品になっています。

santecoオーシャンビレッジのメモリ部分
メモリ部分

メモリはしっかりと線が引かれているので正確に入れることができますが、200からスタートとなっています。

関連記事:SANTECO水筒を使ってみた感想。品質と機能性が抜群!

容量:946ml/710ml

超大容量な「2L」

2Lにもなるとあまり需要は少ないのか、大手などの良く見るメーカーの製品はありませんでした。

FORWEWAY 2.2L ストロー ボトル

FORWEWAYの大きなボトル

ハンドル・ストラップ・ストローが付いて使いやすさのある2200mlの大容量ボトル。ナルゲン独自の液漏れ防止システムを採用しているらしく、安心して持ち歩くことも出来そうです。口径も6 cmと広いのも特徴で、氷を入れることが出来洗いやすさもあります。

容量:2.2ml

時間・タイムマーカー

タイムマーカーが付けられているボトルは近年とても増えています。1Lや2Lなど、朝から夜まで一日かけて飲む大きいサイズの水筒を、適切なタイミングで飲めるようにマーキングされています。

FJbottle 2リットルウォーターボトル 

FJbottleは中国で生まれた、研究開発、生産、販売を一体化したボトル専用メーカーです。最先端の断熱技術を使ったステンレス水筒をリリースしていますが、口コミなどを見ても質が良いようです。こちらは午前8時から午後6時までのタイムマーカー付きで、2Lを正しい適切な量で飲んでいくことができます。ストロー付きですが、取り外すことも可能。大きいですがハンドル付きで持ち運びやすさもありそうです。

容量:2L

シービージャパンのウォーターボトル「Track and Go」

シービージャパンのsantecoシリーズからリリースされている「Track and Go」は、飲むタイミングが分かるタイムマーカーが付けられた水筒です。片手でワンタッチで開けることができる蓋、質の高いトライタンを使ったプラスチック、持ちやすいリングつきなどメリットが多く、タイムマーカーがなくてもかなり良い水筒となっていると思われます。

Track&Goのメモリ部分

メモリはAMとPMで2種類あり、午後と午前に分かれて使うようになっています。横線がないのでアバウトですが、だいたいこの程度と分かればよい用途ですので問題はないのではないかと思います。

関連:洗いやすいタイムマーカー付きのウォーターボトル「Track&Go」を使った感想

容量:1L

Healthish(ヘルシッシュ)

SNSでも話題となったヘルシッシュの時間メモリ付きボトル。ボトルの左右に午前と午後用の1時間ごとのマーク(full・8am・9am・10am・11am・12am・refull)が刻まれています。BPAフリーのプラスチック製で口径も広く、専用の洗浄ブラシもついているので清潔に保てると思います。

容量:1L

ガラスのタイムマーカーボトル

ガラス製のタイムマーカー付きボトル。ホウケイ酸塩ガラスから作られているので、鉛とカドミウムを含まない高品質な製品です。シンプルですがデザインもガラスの美しさがありおしゃれ。ガラスなので持ち歩くことは難しいですが、臭い写りがしない材質なので飲料をあまり選ばず使え、休みの日に自宅で過ごす一日に使いたいアイテムです。

容量:750 ml

まとめ

いかがでしたでしょうか。何かと便利な目盛り付きボトル。アウトドアに体調管理に上手く使いたいですが、メモリを使うことがなくても、デザインとしてかっこよく見えることもあるので、透明プラスチックボトルを選ぶ際にはメモリがあった方がメリットも多いのではないでしょうか。
ただしプラスチックのボトルには保冷保温効力はありませんし、冷たい飲料を入れると結露して濡れることもあるので、そういったことも考慮して選びたいですね
以上です。参考にして頂けたらと思います。

水筒カテゴリの最新記事